カンボジアレポート「孤児院」Orphanage

ここでは、「カンボジアレポート「孤児院」Orphanage」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年8-9月のタイ&カンボジア撮影旅行の時、シェムリアップ郊外の孤児院に立ち寄った。孤児院の名前は「krousar thmey」だったかな?(看板にそう書いてあった)。

で、孤児院についてのコメントを長々かくと偽ヒューマニスト、もしくはインチキNPOみたいなブログになりそうなので割愛。
写真を見てご想像下さい(笑

敢えて俺から一言いうとすれば

「悪くないと思う」

といった感じ。

なのでサイズ小さめ、写真多めでいきます。

IMG_8621.jpg
これが外観。なかなか立派だ。

IMG_8630.jpg
炊事場。大変キレイ。街場の屋台やらレストランのほうが余程キツイ。

IMG_8646.jpg
ベッドルーム。俺の滞在するホテルより・・・いや、やめておこう。

IMG_8648.jpg
女の子の部屋とのこと。

IMG_8653.jpg
どこの国でも女の子はイケメンアイドルが好きらしい。F4はカンボジアでも人気なのだろうか。

IMG_8657.jpg
ベッドから、枕元からよく見える所に両親の写真。これを眺め何を思うのか。

IMG_8661.jpg
孤児院スタッフの話によると彼は少し発達障害のようなものがあるらしく、将来を皆で心配しているらしい。
福祉なんて夢のこの国では障害は致命的なのだろう。
ちなみに最後まで外国人である僕等に興味深々で片時も離れなかった。

IMG_8679.jpg
カンボジア人は総じて人懐っこい。そして写真に撮られることに抵抗が余りない様子。
じゃなきゃサービス精神が旺盛。撮ってて楽しくなる。

IMG_8700.jpg
レンズを向けると必ず何かやる。

IMG_8688.jpg
何故か腕相撲大会が始まる。

IMG_8703.jpg
この二人とはたくさん話した。2人とも英語がうまい。

IMG_8697.jpg
この孤児院、カンボジア人の一般家庭と比べてかなり環境はいいと思う。学校にもいける。
文房具や教科書もある。洋服だってキレイだ。
それでも両親が揃った家庭がいいか。ここのほうがいいのか。本人たちには聞けずじまいだった。







スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/08/27(土) 10:08 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://takema.blog55.fc2.com/tb.php/47-313c5dbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。