大連

ここでは、「大連」 に関する記事を紹介しています。

当ブログ掲載の画像データをどこかで使用する時は一言くれるとありがたいです。
個人で壁紙なんかにする時はご自由に。

The Black and White Show
↑GO! main site↑

PROFILE
GALLERY


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海外滞在、まあ旅行でも重要になるのは「飯」。
大抵その国が合う合わないは食事で判断される場合が結構多い。
というわけで食事。
滞在でなくても大連に旅行した際でも参考にしてもらえればと思う。

まず一件目。
IMG_2825-2.jpg
向かって右側の「家常菜館」の看板がある店。
直訳すると「家庭料理館」。読んでそのまま家庭料理の店で、かなり美味い上に安い。
2004年時は「上野」という店で、2006年には違う店名になっていた。
が、中味はほぼ一緒。
留学中一番通った店で、大外脇のキリン坂中腹にある。


二件目は「和幸」
IMG_0007-2.jpg
大外漢学院の門を出ると正面にある日本家庭料理の店。
カツ丼や納豆、味噌汁といった日本の普通のメニューが食べれる。
周囲の餐館に比べれば若干割高だけど、所謂外国の日本料理屋と違ってリーズナブルではある。
中華がもたれたらココ。

大外の坂を上りきったあたりの風景。
IMG_0008-2.jpg
小さな商店やら屋台、食堂が並ぶ。

坂を上りきったあたりに下へ下る長い階段がある。
IMG_0011-2.jpg
この生活感溢れる坂を下り、通りを右に曲がってほんの少し歩くと、
IMG_0017-2.jpg
大外生御用達の餃子店がある。
ここの水餃子は美味い。死ぬほど美味い。ここの餃子を食べたいがためだけに俺は大連に行ったことがある位美味い。

ちなみに大連は水餃子が有名。焼き餃子は全く見かけない。鉄板餃子を一度だけ見かけたが大して美味くなかった。

あとはバス停先の「全聚徳」(北京ダックの有名店)も良い。
漢学院棟直結の食堂や賓館地下の食堂も安いが味はあんまりだし、何よりも混雑が激しい。

でもまあ、こういうのは自分で食べ歩いたほうが面白いからあくまでも参考までに。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
スポンサーサイト
大連留学についてはいつか書こうと思っていたのだが中々その機会がなかった。
で、そのキッカケをtakroさんに頂いたので少しずつ書いていきます。

期間は2004年2月13日-3月13日の一ヶ月
大連外国語大学漢学院にお世話になりました。

まずは宿舎↓
大連 (9)
とっちらかってますが、そこは野郎の部屋なんで勘弁を。


ここは「大外賓館」といいまして、留学生やその他ゲストまで幅広く使われているホテルです。普通に泊まると1泊2000円するかしないかぐらい。(留学生はもっと安いです。)

まあまあ安くて治安やセキュリティも良くて市街地へのアクセスや周辺の飲食店の豊富さ、懐かしさから俺は毎回ここに泊まります。
で、留学生はこの「大外賓館」か校舎直結の留学生宿舎を選んでネグラを決めます。

ちなみに直結の宿舎は格安でシャワー共同、テレビ、冷蔵庫、その他諸々なしで一泊500円くらいだったと思う。

俺はテレビなきゃ嫌だし、シャワーの時間決められたくないし、ビール冷やしたいしで迷わず高級なほうに決定。

で、どんな環境か。

IMG_0022.jpg
賓館から校舎を臨んだ風景。モノクロな上に真冬なんで、あまり良い環境には見えませんな。

IMG_0019.jpg
大学脇の通称「キリン坂」左手が賓館で、この坂沿いに飲食店や雑貨店、床屋やコンビニ、CD屋、本屋、古着屋まである。朝は屋台まで出る。

IMG_0044 のコピー
賓館屋上からキリン坂を見下ろす風景。
奥に見えるビル群は中正広場あたり。
道路正面にある建物はKTV(カラオケ屋)ですが、入ったことはありません。

IMG_0036.jpg
キリン坂下からカラオケ屋を臨む。カラオケ屋の左側が「北海漁村」というシーフードレストラン。カラオケ屋の右側、写真には写ってないがパン屋があったと思う。

その先がバス停。
IMG_2865.jpg
「23路」というバスに乗ると市内の繁華街は殆ど通る。

大した情報も載せないままにエライ長くなってしまった・・・
(注:写真は2004年のものなので若干古いです)

次回に続く!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。