The Black and White Show

当ブログ掲載の画像データをどこかで使用する時は一言くれるとありがたいです。
個人で壁紙なんかにする時はご自由に。

The Black and White Show
↑GO! main site↑

PROFILE
GALLERY


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまたブログを長いことほったらかしてしまった・・・

というわけで、最近のライフワークでもある「People!」で行きましょう。
割と最近の写真達です。

DPP_0010.jpg
「僧」

DPP_0009.jpg
「車窓」

DPP_0011.jpg
「鉄道内の風景」

DPP_0017.jpg
「尼」

DPP_0022.jpg
「寺参りの子供」

DPP_0020.jpg
「祈る人々」

DPP_0023.jpg
「寺参りの子供Ⅱ」

DPP_0039.jpg
「列車内の子供」

DPP_0043.jpg
「列車内の子供Ⅱ」

DPP_0045.jpg
「光景」

DPP_0057.jpg
「漁港の少年」

DPP_0065.jpg
「肉を切る老女」

DPP_0073.jpg
「何がそんなに楽しいのだろうか」

DPP_0066.jpg
「蝦を剥く作業」

久しぶりの黒白写真です。
色をモノトーンで表現するのってムズイっすよね。

次回更新は過去のWorkを掘り起こしてみようかなと。
スポンサーサイト
というわけで3月21日よりバンコクに行っておりました。

で、さすがに仕事とはいえ今年二回目のバンコクなので、空き時間の過ごし方に困る。
ホテルで寝てる性分では無いし、観光地はダルイ(つーか行きつくしたし)。

なので「マハチャイ」へ行くことにした。
DPP_0618.jpg
マハチャイへ行くにはバンコク市街地外れにあるウォンイェンヤイ駅から終点マハチャイまで1時間程。
わずか10B(30円と少し)の格安旅行だ。

車窓からの風景。
まるで楽園。この路線の車窓だけで充分観光資源になる。
DPP_0599 のコピー

そんなこんなで終点マハチャイに到着。
DPP_0627 のコピー
この駅のすごいとこ。
つーか有名な点は、もちろん海老の産地で国内の海老の相場を決める重要な土地であるという小難しいことは置いといて、この駅・・・

駅が市場なのです。
いや、市場が駅か?
駅が市場で、市場が駅で・・・ややこしや、ややこしや・・・(スマン)。


さて、駅を出ても市場です。
DPP_0672 のコピー


ちょっと歩くと、もっと市場です。
DPP_0677 のコピー


肉になるのを台の上で順番待ちしたりもしてます(解ってると思うけど冗談だからね)。DPP_0694 のコピー


「おう、ちょっと飲んでけよ」なんて声かけられたりもします。
DPP_0722 のコピー


すいません、声かけてくれたのはコッチの人達です。
DPP_0739 のコピー
バイタクの運ちゃん達、焼酎のレッドブル割を飲みながらの客待ちです。
昼間から酒を飲みながらの客待ちなんてスローライフの極みですな。
日本人も見習わねば。
でも、実に陽気でいい人達だった。
ごちそう様でした。(←一緒に飲んでるし)

久しぶりに創作意欲の湧く好い街だった。
おかげで好い写真が沢山撮れたよ。
DPP_0746 のコピー


市場フェチの俺には楽しいトリップでした。
皆様も是非。
DPP_0762 のコピー


皆様おひさしぶりでございます。

タイ・バンコクに出張しておりました。
(またかよって言わないように。仕事なんで。)

例の如く、帰国後は写真整理に追われております。
なので、近いうちにアップしますねーw
DPP_0234.jpg

さて、鹿港を後にし、彰化から台南へ移動。
雨も強まってきて何かかったるくなったので直行です。
IMG_1172.jpg
というわけで、あっというまに到着ですw
IMG_1195.jpg
なかなかキレイな街で、台北のようにゴミゴミした感じはありません。
さすがは「古都」です。
IMG_1245.jpg
でもまあやっぱりバイク軍団はいますw
台湾人の重要な「足」ですから仕方ないですよね。

で、宿探し。
台南駅前の複合ビルにある安宿に早々に決定!
疲れてたしね、あんまり歩き回る気力もない・・・・
にしても台北の半額程度だから悪くない。

その宿の下にある食堂で夕飯を食う。
なかなか安くて美味い。
IMG_1252.jpg

台南は古都。
見所多い明日に備えて、さっさと寝るとしよう。
ビールも買ったし。

ランクガタ落ち↓
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
さて、鹿港に到着です。
IMG_0728.jpg

のんびりとしたいい街であるのはバスを降りた瞬間からわかります。
田園や森林が広がっているわけでもないのに何か穏やかさを感じる街です。

そしてこの街には多くの古跡があります。
写真は「鳳山寺」↓。こういった小さな寺や廟がいたる所にあります。
IMG_0775.jpg


鹿港に来たらここに寄らなくてはならない。
「九曲巷」です。
IMG_0816.jpg

このウネウネと細長い入り組んだ路地群、昔々中国と交易して栄えていた頃、家がひしめきあって建てられており、屋根と屋根の隙間もないほどで、別名「不見天」(空が見えない)とも言うそうな。
で、なぜこんなに入り組んでいるかというと、強風や砂埃が舞い込むのを防ぐためだそうだ。
IMG_0800.jpg
↑写真に見られる両側の建物をつないでいる渡り廊下のようなもの。
右横にある建物が十宜樓で、かつてここでは毎晩墨客が集まって月を愛でては詩を詠み、書を書き、琴をならし、酒や茶をたしなんだとのこと。
うーん、粋だねぇ~

九曲巷を抜けると、市場に出る。
他国に来たら是非市場を覗いてみよう。
IMG_0842.jpg


次の名所は「天后宮」
IMG_0919.jpg
参拝客も多く賑わっている。
ここで何やら変なモノを目撃
IMG_0895.jpg
何やら遠足のような子供らが、粉の中にあるピンポン球を一生懸命吹いている
一体何だ????
日本の運動会でこんな光景を眼にするけど・・・知っている人いたら教えて下さい

他にもいい景観がたくさんあって、すっかりお気に入りの街になってしまった。
次に来るときは一泊してみよう。(つーかこの時すりゃあよかった)
お勧めの街ですので台湾に行くときは是非寄ってみて下さい。
ちなみに「肉まん」が超有名らしいです。(帰ってきてから知った)

ついでに、「〇球の歩き方」の鹿港の地図はあまりあてにしないほうがいいです。
酷いめにあいますw

次回へつづく
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。